曲げ強度と疲労耐性に優れた歯科技工物を実現~IPS e.max~

IPS e.maxとは、イボクラールビバデント社が開発した歯科技工物を製作するためのシステムです。ニケイ酸リチウムガラスの含有量が高いセラミックスを素材として用いるため、従来のエンプレス1やエンプレス2といったシステムに比べ、曲げ強度や疲労耐性が高い技工物が製作できるというメリットがあります。

IPS e.maxの特徴

IPS e.maxには、次のような優れた特徴があります。

優れた耐久性

IPS e.maxは曲げ強度や疲労耐性が高く、長期間の使用に適した素材です。管内部にフレームがあるジルコニアクラウンに比べ、高い荷重(1000N)による咀嚼(そしゃく)実験(100万サイクル)でも、一切破折が見られませんでした(ジルコニアクラウンは350N、10万サイクルで90%の試験片が破折)。

また、歯と分子レベルで接着するので接合部分に細菌が侵入しにくく、虫歯になりにくいという特徴もあります。

周囲の歯に優しい

ジルコニアは摩耗性が低いため、周囲の歯が削れてしまったり、顎関節に負荷がかかったりする点が難点です。IPS e.maxは天然歯よりも摩耗性が高く、咬み合う歯(天然歯)よりも先に摩耗します。天然歯への負担が少ない素材といえます。

自然な色合いと透過性

IPS e.maxは透明度を4段階から選ぶことができます。当社では、透明度の高い素材から支台歯の色をマスキングする効果のある素材までご用意しており、天然歯にきわめて近い、自然な見た目が再現可能です。

フィールデンタルラボラトリーe.maxセンターにおまかせください!

フィールデンタルラボラトリーは、近年のIPS e.maxの普及を受け、歯科医院様や患者様のご要望に沿った技工物をご提供できるよう「e.maxセンター」を立ち上げました。

e.maxを取扱う歯科技工所は増加していますが、その分価格競争が激しくなり、一部では安価で質の悪いe.max技工物も出回っているようです。私たちは歯科医院様や患者様に高品質な技工物をご提供することが使命だと捉え、品質を重視して業務を行っていますので安心しておまかせください。

  • 高品質なIPS e.maxの製品をご提供e.maxセンターはこちら
  • 患者様の笑顔のためにフィールデンタルラボラトリーのコンセプトはこちら

素材の特性を知り尽くしているからこその高品質クラレノリタケインストラクターのご紹介はこちら